〒814-0113
福岡県福岡市城南区田島3丁目19番5号

福岡市 城南区 耳鼻咽喉科 アレルギー科 にしぞの耳鼻咽喉科クリニック

耳の病気

携帯電話からもにしぞの耳鼻咽喉科クリニックの情報をご覧いただけます。
上記のQRコードをご利用ください。

トップページ»  耳の病気

中耳炎

中耳炎

耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分からできています。このうち鼓膜の奥にある空洞になっている部分を中耳といい、中耳炎はここに炎症が生じることによって起こる病気です。急性中耳炎や滲出性中耳炎は、特に6歳以下の子供さんに多いようです。

こんな症状はありませんか?

  • ● お子さんが耳をよくさわる。
  • ● 熱が出て、機嫌が悪い。
  • ● 耳だれが出ている。
  • ● 風邪をひいていて何度も鼻をかんでいたら、耳が痛くなった。
  • ● 聞こえにくく、耳がふさがった感じがする。
  • ● テレビの音を大きくする、いつもテレビに近づいて観ている。
  • ● 声が大きい。
  • ● 呼んでも返事をなかなかしない。
原因

中耳炎にはいくつかの種類があります。

◆ 急性中耳炎:風邪が原因であることが多く、鼻やのどに付着した細菌やウイルスが、耳と鼻をつなぐ管(耳管)を通って中耳に入り、急性の炎症を起こすものです。症状としては、まず耳がつまった感じ、耳の痛み、発熱が生じます。次に中耳にウミ(膿)がたまって充満すると鼓膜が自然に破れますが、その寸前が耳の痛みのピークです。鼓膜が破れると耳の痛みは消えますが、耳だれが出てきます。

◆ 滲出性中耳炎:原因として、耳と鼻をつなぐ管(耳管)の働きが悪いこと、風邪や急性中耳炎により中耳の中に水がたまること、急性中耳炎が完全に治っていなかったこと、耳管の鼻側の入口がアデノイドや扁桃腺の肥大により圧迫されて空気の出入りが悪くなっていることなどが考えられます。これによって中耳に水がたまって鼓膜の動きが悪くなり、耳のつまった感じが生じ耳が聞こえにくくなる病気です。

◆ 慢性中耳炎:急性中耳炎などで鼓膜が破れてウミ(膿)が出てもすぐにふさがるものですが、ごく稀に破れた鼓膜がふさがらないこともあり、これを慢性中耳炎といいます。鼓膜に穴があき、耳だれが出て、難聴を伴います。

治療法

◆ 急性中耳炎  {薬物治療}さらに細菌が増えないよう抗生物質を服用します。{鼓膜切開}中耳にウミ(膿)がたまって腫れている時は、鼓膜を切ってウミを出します。鼓膜は切っても自然にふさがりますが、ウミが止まるまで抗生物質の内服と耳の処置が必要です。

◆ 滲出性中耳炎  {耳管通気}耳と鼻をつなぐ管(耳管)に空気を送って通りを良くします。{薬物治療}抗生物質を服用して、炎症を抑えます。{鼓膜切開}鼓膜を切って、中耳にたまった水を出します。{その他}小児の場合、鼓膜にチューブを入れたり、アデノイド切除・扁桃腺の摘出が必要と判断される場合には福岡大学病院などに紹介させて頂きます。

◆ 慢性中耳炎  耳から汁が出る場合には、抗生物質の内服や耳の洗浄などを行います。穴があいた鼓膜をふさぐ場合は手術が必要となり、手術の適応があれば福岡大学病院などに紹介させて頂きます。

難聴

難聴は全く聞こえない、聞こえが悪い、耳が遠い、耳が悪いなどと表現されます。一方、小児では自分で難聴に気付かない、あるいは表現出来ないため発見が遅れることがあります。今起こっている難聴がすぐ治るものなのか、進行するものなのか、変わらないのかという判断が重要で、まずは聴力検査が必要です。

こんな症状はありませんか?

  • ● 急に耳が聞こえなくなった。
  • ● 急に耳が聞こえなくなり、耳鳴りや吐き気がしてふらふらする。
  • ● 耳がつまった感じがしたり、自分の声が耳に響く。
  • ● テレビドラマを観ていると、声は聞こえるが何を言っているのかわからない。
  • ● 年をとって段々聞こえが悪くなってきている。
原因

難聴には伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分類されます。伝音性難聴は外耳から中耳までの音を伝える部分の障害によって起こるもの、感音性難聴は中耳の奥にある内耳や聴神経、もしくは脳の音を感じる神経の障害であるものをいいます。混合性難聴とは、両者が障害されて起こる難聴をいいます。

治療法

聴力検査の結果により、当クリニックで治療可能なものなのか、あるいは設備の整った大学病院などへ紹介させて頂いたほうが良いのかを判断します。その上で、その方に合った治療法を選択していきます。特に、急に聞こえが悪くなった場合には出来るだけ早期の診断、治療が必要です。

耳鳴り

耳鳴りとは、外では何も音がしていないのに耳の中で「ジー」とか「キーン」といった音が聞こえるものを言います。耳鳴りはごくありふれた症状で、誰でも疲れたときなどに「ジー」とか「キーン」などの音を感じることがありますが、数秒で消えてしまうものは病的なものではありません。しかし、このような雑音が24時間ずっと聞こえ、夜も眠れず仕事も手につかないなど、日常生活に支障を来たす場合に問題となります。

こんな症状はありませんか?

  • ● 耳の中からキーンとかジーという音が聞こえる。
  • ● 耳鳴りがうるさくて夜も眠れないことがある。
  • ● 元々あった耳鳴りが大きくなってきた。
原因

ほとんどの耳鳴りは何らかの難聴に伴って発生します。例えば、突発性難聴、急性低音障害型感音難聴、音響外傷、老人性難聴、急性・慢性中耳炎、メニエール病などが挙げられます。(これは一例であり、全てではありません。)しかし、大半の耳鳴りは心配するものではありません。それがかなりひどいものであっても生命に危険はないからです。もともとあった耳鳴りがだんだん大きくなるようであれば詳しい検査を受けた方が無難です。突発性難聴やメニエール病ではある日突然一側の耳の難聴やめまい、耳鳴りを感じます。このような耳の病気も生命に危険はありませんが、早く治療しないと治らない場合があります。最も心配な耳鳴りは脳腫瘍の一つである聴神経腫瘍による耳鳴りです。聴神経腫瘍は一側の難聴や耳鳴りで発症し、適切な治療を受けないとやがて生命に危険を及ぼす結果にもなりかねません。

治療法

耳鳴りは治るものと治りにくいものがあります。しかし、耳鳴りが続く場合には
1. 放置せず耳鼻咽喉科で相談してください。放っておくと症状が悪化する場合があります。
2. 耳鳴りの原因がわかった場合には、その異常や病気をきちんと治療しましょう。
3. 耳鳴りの原因が不明の場合でも、症状を和らげたり耳鳴りとうまく付き合っていく方法がありますので、耳鼻咽喉科でお尋ねください。

実際に内服薬や注射など施設によって様々な治療法があるようです。当クリニックでは循環改善剤、ビタミン剤、漢方薬などを使って治療致します。人によって効果も違いますから、一つずつ根気よく試して、効果の上がる治療法を探していくことが大切です。

PAGE TOP